レザージャケットをリフトアップしてサイズダウン!



大きい服を小さくは、一般に横幅カットを連想するけど「リフトアップ調整」は上着の「肩周辺を特殊カットしてから服全体を上方向に引き上げてしまうこと」ルアーヴルのコート事例にも頻繁に登場するハイテク。それをレザージャケットにトライ。
「リフトアップ」効果は調整が困難なアームホールや襟ぐりを、極めて小さくが可能。ウエスト位置も高重心で見栄えもOK、着丈も自然に短る。

解体し、襟も肩も袖も全体を精密に組み上げ高度技が必要で、製図からフルオーダー出来る人間でないと無理と。結果ダブつき脇下アームホールがぐんと小さく着丈も短く。レザーの美コンパクトに成功カッコイイ