ラグラントレンチコート リフォーム これが真実!肩・袖幅・身幅リフトアップ!バーバリーアクアスキュータム



ラグラントレンチは脇つめで調整、ラグラン肩は肩の山のみ削るなどという意見がありますがこれは驚くほど間違っています。良くそんなこと思いつくというレベルです。リフトアップが出来ないレベルであれば、本当のトレンチのサイズダウンは語れないと判断するしかありません。良い工房もありますが、それ以上にレベルの低い工房の方が多いので実現しにくい問題です

リフトアップというのはルアーヴルでコート等のリメイクに使う造語。事例も多く紹介してますが、簡単にいうと「肩で着丈を詰める、肩でコート全体を引き上げる」カットと調整技術。オーダー相当の経験と技術がいるけれども、これが出来るレベルだと大きい肩や脇下アームホール、襟元も劇的で変化させることOK。ありがちな脇詰めでは到底表現不可の異質ゾーンのサイズリメイク。

元に比較し「襟元」がとても小さな開きになったのが分かる。これがポイント!そしてラグラン肩はリフトアップとともにラグラン線調整してるから超コンパクトに。超大アームホールがとてつもなく小さくなった事も重要!これがリフトアップ本来の効果

巨漢はどこに消えたのかラグラン真実はここ。解体しオーダー同様、再度各所縫い直しが真実、あなたの想い入れコートのシルエもこうなるかも。