バーバリーラグラン トレンチコート 肩も首回りも身幅も袖幅もサイズダウン!



他で出来ない例が多いラグラン肩トレンチ。なにしろラグラン自体の構造が高度で難しい。その複雑さから分解してコンパクトに戻すにもオーダー技術と手練が必須。技術レベルや過去事例を確認してから依頼しないと、手抜き的に質の悪い加工を施される。こちらもかなり大き目ラグランなのがわかる。
肩山と前後のラグラン線をカット調整、そして襟も外して首回りも小さくして襟を再取付。この辺り全部バラバラにしてから、サイズをコンパクト調整し再度縫製し直し。徹底しないとサイズダウンの意味は無し。

併せてコートの身幅、袖幅も出来るかぎりサイズダウン。元コートからここまでサイズが小さくするためには関連する箇所を的確にサイズダウンできること。愛着をもってお召しになれます。


元のバーバリーラグランコート。